アネモネ法律事務所の相談・受任スタイル

【相談方法・FAQ/コンテンツ】


 ◆相談方法/FAQ

◇ご相談の方へ【アネモネ・スタイル】 ←今ココ!

FAQ【はじめて弁護士を探す方へ】 

 


ご相談の方へ【アネモネ・スタイル】

弁護士としてのスタイルについてお知らせ

 

これから相談や依頼をお考えの皆様に、是非、あらかじめ知っておいていただきたいことがあります。

それは、アネモネ法律事務所(代表弁護士吉岡毅)が、皆様から事件を受任する際の考え方や依頼者となった皆様との接し方について,言わば「弁護士としての“Style”(スタイル)」についてです。

 

弁護士の助けを必要としている多くの方々のうち,ひとりの弁護士が生涯に寄り添える依頼者の数は,自ずと限られています。だからこそ,本当にアネモネ法律事務所の力を必要としている方のために,力を尽くしたいと思っています。

 

そのため,皆様に【アネモネ・スタイル】をあらかじめよく知っていただき,これに共感とご理解をいただけた場合に限って,アネモネへの相談や依頼をご検討くださるようお願いしています。

 

1.一件一件を大切にするために,受任を制限することがあります。


受任したすべての事件・依頼者の皆様に対して真摯に責任を果たすため、アネモネ法律事務所の現在の業務量を客観的に判断し、報酬額にかかわらず、ご依頼をお断りしなければならないときがあります。

 

また、利益相反のおそれがある事件、弁護士倫理及び正義の信念に反する依頼、取り扱い業務範囲外で明らかに適任とは思われない分野など、事件をお引き受けできないことがあります。

 

アネモネは、適切な法的援助を提供できないと判断される状況での受任は、いたしません。

 

2.弁護士は助言者であり,決めるのは依頼者の皆様ご自身です。


主役は依頼者の皆様ひとりひとりです

重要事項について複数の法的選択肢がある場合、必ず依頼者の皆様ご自身に決断していただきます。もちろん、一定の条件で判断を弁護士に一任されることはありますが、白紙委任はお引き受けしません。

 

弁護士は、依頼者の皆様にとって少しでも利益が大きくなり、少しでも被害が少なくなるように、限界まで助言します。しかし、あらゆる事件において、その舞台は依頼者の皆様の人生であり、主役は皆様ひとりひとりです。

 

自分の人生を自分で決め、自分で受け止める勇気を持ってください。

 

3.依頼者の皆様のためには,言いにくいことでも率直にお伝えします。


軍師として諌言・忠言をおそれません

 

弁護士と依頼者の皆様との間では、言いたいこと、聞きたいことをいつでも気兼ねなく口にできる関係が保たれている必要があります。特に弁護士は、事件の先の先を見通しつつ、皆様に的確な法的判断と助言を提供しなければなりません。

 

そのため、弁護士から皆様に対しては、普通ではお聴きしにくいことでも詳しく尋ねますし、皆様にとって不利な事情や耳の痛い話でも包み隠さず直言します。もしかすると少し厳しく感じられることさえ、あるかもしれません。

 

しかし、事件の状況を正確にご理解いただき、より良い解決に向かうためには、率直こそ最善です。

 

4.事件の難易度やご提供する技量に見合った適切な弁護士費用をいただきます。


代表弁護士吉岡毅は、数多くのプロボノ活動(専門職による社会貢献活動)に参加しています。しかし、弁護士業をボランティアで行っているわけではありません。

 

依頼者の皆様に対して、常に正確な助言と高度な技術をご提供するためには、長時間の専門的研究、資料・設備・事務局(秘書)等すべてに充実した事務所など、あらゆる条件を整えたうえ、限られた弁護士の持ち時間を集中投下することが必要です。弁護士費用は、そのために不可欠の対価です。事件の専門性に応じて、ときに高額となることもありますが、費用に妥協すれば結果的に受任事件全体の精度が崩落します。

 

法律扶助・国選事件を除き、対価的均衡を欠いた低価格での受任はできません。

 

5.一緒に笑い合える方,いつかそうしたいと思える方を,全力で応援します。


笑い合える関係でありたい

毎日たくさんの方と出会い、お話を聴き、助言をさせていただいています。もしかすると中には、アネモネ法律事務所とあまり相性が良くないと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。相談の結果、万が一にも何かご不満やご不安が残ったときは、どうか依頼を避けてください。

 

アネモネは、依頼者となった皆様と、一緒に笑い合える関係をつくっていきたいと思っています。今は苦しみの中にいて笑うことができない方のためには、一日も早く事件を解決して笑顔を取り戻してもらい、いつかは一緒に笑い合うことを目指します。

いつも、それを心に願って、依頼者の皆様を全力で応援しています。

 

できれば、皆様にも同じように前向きな気持ちで事件の依頼をしていただけたら、嬉しく思います。