アネモネ法律事務所の取り扱い事件

【取り扱い事件/コンテンツ】


 ◆取り扱い事件 ←今ココ!

 


取り扱い事件

 

アネモネ法律事務所(代表弁護士吉岡毅)において、日常的に取り扱い数の多い事件類型は、おおむね次のとおりです。 

 

▢ 民事事件・企業法務

  • 不動産関連事件
    • 土地・建物の退去・明渡請求 等
    • 不動産に関する売買契約、賃貸借契約問題(借地権の更新・解除・買い取り請求、家賃の支払請求、敷金・保証金返還請求 等)
    • 不動産登記請求
    • 農地関係事件
    • マンション管理、建築紛争、瑕疵担保請求 等
  • 金銭請求事件
    • 売買代金請求、貸金請求、請負代金請求 等
  • 慰謝料・損害賠償請求事件
    • 交通事故による損害賠償請求訴訟(原告・被告)、保険会社との支払保険料増額交渉、後遺障害等級認定に関する異議申立手続 等
    • 詐欺被害・消費者問題(オレオレ詐欺、振り込め詐欺の被害回復、架空請求・悪徳商法被害の救済、クーリング・オフ通知・契約解除通知 等)
    • 名誉毀損,いじめ,セクハラ・パワハラ,不倫・婚約破棄、医療過誤、その他の不法行為による損害賠償・慰謝料請求 等
  • 中小企業法務(事業と経営に関する法律問題)
    • 契約書作成、契約立会、契約交渉、債権回収(売掛金、貸付金)、顧問業務(法人・個人)、会社・株式関連訴訟 等
  • 強制執行、民事保全(仮差押・仮処分) 等

▢ 家事事件

  • 遺言・相続事件
    • 遺言書の作成、遺言執行
    • 遺産分割協議、遺産分割調停、遺産分割審判
    • 遺留分減殺請求
    • 寄与分、特別受益の問題
    • 相続による事業承継問題 等
  • 離婚事件
    • 離婚(交渉、調停、審判、訴訟)
    • 離婚に伴う慰謝料、財産分与、年金分割請求
    • 婚姻費用分担請求(交渉、調停、審判)
    • 親権、養育費、面会交流、子の引渡し
    • 不倫相手に対する損害賠償請求、DV事件(保護命令) 等
  • 成年後見・保佐等の申立、
    • 法定後見(成年後見、保佐、補助)の申立
    • 裁判所選任の成年後見人・保佐人 等
    • 任意後見、ホームロイヤー契約、終活サポート
    • 介護問題 等
  • その他の家事事件
    • 養親、養子との間の離縁(調停、訴訟)、特別養子縁組
    • 未成年後見人、後見監督人
    • 特別代理人
    • 戸籍上の氏名や性別の変更審判、戸籍訂正審判
    • 失踪宣告の申立て、不在者財産管理人
    • 認知請求
    • 親子関係不存在確認訴訟、父と子の間の血縁関係を調べるDNA鑑定

▢ 刑事事件・犯罪被害者支援

  • 刑事弁護(※重大事件や裁判員裁判の経験多数、私選弁護人の依頼は優先的に受任)
    • 被疑者弁護活動(警察に逮捕・勾留等された場合、その他捜査の対象となった場合)
    • 被告人弁護活動(起訴されて刑事裁判を受けることになった場合)
    • 付添人活動(家庭裁判所の少年審判事件)
    • 被害者との示談交渉
  • 犯罪被害者支援
    • 告訴状・告発状・被害届の作成・提出、事情聴取等の付添支援
    • 不法行為に基づく慰謝料・損害賠償請求訴訟(民事訴訟)
    • 加害者側との示談交渉
    • 被害者参加、損害賠償命令、刑事和解手続
    • DV保護命令 等

▢ 債務整理事件

  • 債務整理(個人・法人)
    • 任意整理(任意和解、弁済)、過払い金返還請求
    • 個人民事再生申立て
    • 自己破産申立て
  • 裁判所選任の破産管財人・個人再生委員 等

▢ その他の事件

  • 労働事件
    • 不当解雇紛争(解雇無効請求)
    • 未払賃金請求、未払退職金請求、未払残業代等の請求
    • 過労死問題、パワハラ・セクハラ問題
    • 労働審判、紛争調整委員会による斡旋 等
  • 外国人の方の事件
    • 渉外離婚(国際離婚)、在留資格その他の入管問題 等

アネモネの取り扱い事件の特徴


アネモネが取り扱う事件の主な特徴

 

アネモネでは、個人、法人・事業者の区別なく、民事・家事・刑事事件等の法律問題全般を幅広く取り扱っております。

また、原告側・被告側を問わず、交渉・調停・訴訟(審判) 等のあらゆる段階についての相談・依頼をお受けしております。 

 

中でも、不動産事件(土地・建物の売買・賃貸・明け渡しなどに関する問題)と遺言・遺産の相続に関する事件(遺産分割や遺留分減殺請求など)については、資産運用に関するFPの知識をも活かした独自の強みがあります。

また、刑事弁護及び犯罪被害者支援をライフワーク分野としており、高度な専門的研究と実践を続けています。

さらに、経営と事業に関する法律問題(債権回収や各種の契約等)を中心として、様々なスタイルの顧問契約を積極的にご利用いただくことにより、依頼者・企業経営者の皆様と顧問弁護士との間に永続的で強固なパートナーシップを育てていくことを重視している点も、アネモネの大きな特徴となっています。

 

なお、債務整理事件をはじめとして、資力に乏しく、通常の弁護士費用の支払い困難なご事情のある方につきましては、日本司法支援センター(法テラス)を利用した無料相談、民事法律扶助事件としての受任も行っております。ただし、法テラスの資力審査がありますので、ご注意ください。

 

取り扱い事件の具体例や実績等に付いては、過去の取り扱い事件の解決例の各ページ(工事中です)や、姉妹サイト『弁護士吉岡毅の法律夜話』のをご覧ください。